アロマ&よもぎ蒸し

【~アロマテラピーで必要なもの~ 簡単にアロマが楽しめる、おススメな基材を紹介①】

こんにちは(*^_^*)もか(@momonga_aroma)です。

 

またブログに遊びに来て下さって有難うございます。

 

アロマに段々興味を持ってきたけれど、どう使っていいか分からない…

そんな方の為に今回はアロマテラピーでよく使用する基材7つを紹介していきます。

(この他にも基材はありますが、簡単に使用できるものを取り上げました。)

 

そもそも、なぜ基材を使うのかな?という疑問を持ちましたか?

精油は『芳香分子の集まり』でしたね。

 

植物に含まれている時より、成分は100倍程濃縮されており作用は強力です。

あわせて読みたい
【アロマテラピーで必要なもの】 こんにちは(^ ^)もかです。 またサイトに遊びに来て下さりありがとうございます! 今日はアロマテラピーをす...

 

ですので、精油の原液での塗布は非常に危険です!!

 

基材を利用して、精油を薄めて(希釈)使っていきましょう。

 

まとめ ~基材の目的~

①精油を薄めて、作用を穏やかにする。

 

②精油は揮発性の特徴を持っています。揮発を抑えて、持続性を高めます。

 

③基材そのものが持つ効果を利用して、相乗効果を高めます。

 

 

基材1.植物油・植物バター

 

a.ホホバ油

学名:Simmondsia chinensis

抽出部位:実(種子)

抽出方法:低温圧搾

感触:さらっとした軽い使用感

特徴:お肌の皮脂バランスを改善・調整する。

全てのスキンタイプにおススメ。ヘアケアにも使用できる。

使用期限:1年以内。(出来るだけ早めに使い切りましょう。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケンソー ホホバオイル 100ml
価格:2808円(税込、送料別) (2019/7/21時点)

楽天で購入

 

 

b.ファーナス油

学名:Elaeis guineensis(アブラヤシ)Cocos nucifera(ココヤシ)

抽出部位:アブラヤシの仁、ココヤシの実

抽出方法:分離抽出結合

感触:ホホバ油よりさらさらした軽い感触

特徴:アブラヤシの仁、ココヤシの実から「カプリル酸とカプリン酸」

という飽和脂肪酸だけを分離抽出しグリセリンを結合して作ったオイル。

安定性が高く、腐敗や劣化をほとんど起こしません。

品質を変えない為、精油の作用を邪魔しないオイルです。

 

 

c.ローズヒップ油

学名:Rosa rubiginosa

抽出部位:実

抽出方法:低温圧搾

感触:とろりとして、コクのある感触。独特の香りがあります。

特徴:オイルそのものに抗炎症作用や皮膚組織再生作用等があり、

皮膚を再生・シワ予防…とアンチエイジングの美容オイル。

角質層を落とすピーリング作用がある。

酸化しやすいオイルなので、保存には注意が必要です。

他のオイルとブレンドして使用する事がおススメです。

 

 

d.アルガン油

学名:Argania spinosa

抽出部位:種子(種の中の仁)

抽出方法:低温圧搾

感触:コクのあるオイル。

特徴:肌本来の力を育むことが出来るオイル。

保湿効果に優れており、自然の最高の老化予防薬とも。

一時期、とても人気が出たのでご存知ある方多いのではないでしょうか?

モロッコのアトラス山脈だけにしか生えない貴重な木なので偽物も市場に出回っているそうです。

本物を手に取って頂きたいオイルです。

 

 

 

e.シアバター

学名:Vitellaria nilotica

抽出部位:実

抽出方法:低温圧搾

感触:固形のクリーム。こってりとした感触。

特徴:バター状の植物油。保湿効果が高く、皮膚の乾燥やシワ予防にも。

私は冬場、このシアバターにお世話になっています。

 

 

 ★植物油・植物バターを選ぶ4つのポイント

1.化粧品であること。(シアバターはクリーム)

2.学名が明らかであること。(ファーナス油は除きます。)

3.全成分表示に酸化防止剤が入っていないこと。(ビタミンE、トコフェノールは除きます。)

4.残留農薬等、ロットごとに国内で検査・分析されていること。

 

★保管方法

植物油は、空気中の酸素で参加するので開封後の保管方法には注意が必要です。

せっかく購入したオイルを大切に使う為にも以下の事をお守り下さい。

 

1.風通しのよい冷暗所で保管する。

2.使用後はしっかりと蓋をする。

3.引火性がある為、火の近くには置かない。

4.消費期限内に使用し、早めに使いきる。

 

基材2.中性ジェル

 

ジェルは、植物油より精油の皮膚への浸透が速いことが特徴です。

精油の薬理作用を素早く体内へ吸収させていきたい時、使用するのがいいと思います。

 

ジェルなので、ひんやりさっぱりした使用感です。

虫さされのアロマクラフトを作るとき等におススメです。

冷暗所で保管しましょう(^_^)

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した基材は、精油を混ぜるだけですので簡単にアロマクラフトを作ることが出来ます( *´艸`)

 

最後までお読みいただき有難うございました!